こんなプロポーズアリ!?

彼と付き合い始めて1年が経とういう頃。

付き合い始めた記念日をどう過ごそうか2人で話し合っていました。

普段は行かないような、ちょっとお洒落なレストランで食事でもして過ごそうかと計画し、

時期が誕生日やクリスマスに近い時だったので、特にプレゼントは用意しないということで決まりました。

当日、私たちはいつもより少しお洒落をしてデートをし、事前に予約しておいたレストランでディナー。彼と付き合って1年、時にはケンカもしたけれど優しくて頼りがいのある彼と一緒に過ごすことができて幸せだなぁと私はしみじみ感じながら、2人の時間を過ごしていました。

美味しい食事も終わって、お店の人に記念日も祝って頂いて、私は上機嫌。

彼の車でドライブしながら、自宅に向かっていた時のことです。

彼が突然「あれ、やばい」と言って焦った素振りを見せました。

と、それと同時くらいにスピードが落ちでいく車。

「え?なになに?」と不安を隠せない私。

車の免許を持っていなくて、運転に関する知識がない私は、彼がどうして焦っているのか,どうして車がノロノロ運転になってしまったのか、わからないのです。

そうこうしている間に、車は止まってしまいました。

辺りは街灯が少ししかないような暗い道。

彼は車の色んな所を点検しているようですが、車は動きません。

そんな時、彼が私に「後のトランクに工具が入ってるから取ってきてくれない?」と言いました。

私は正直「えー」と思ってしまいました。

だって、外は暗いし真冬で寒いし、そんな中で私を行かせる?と思ってしまったのです。

でも私は何もできないから、せめて協力できることはしないと、と思って寒空の下、外へ。

かじかむ手でトランクを開けたら・・・・ビックリ!

そこには両手で抱えきれないくらいのバラの花束が。私は状況が飲み込めず、ポカンとしてしまいました。

そこへ、照れくさそうに笑いながら彼が来て、バラの花束を私に手渡してくれました。

そうです、車の故障はこのサプライズをする為の、彼の演技だったのです。

私は、不安な状況から一転、嬉しいサプライズに思わず号泣でした。

しかも!

泣きじゃくる私に彼は「ほら、星がきれいだよ」などと言い出し、私は思わずガードレール越しに空を見ればそこには次々と流れ落ちる星々。

彼によれば今日は数年に一度の流星群が見れる日なのだとか。

全て彼の思惑通り。最初からこの日を狙って彼はずっとこの日を計画していた様でした。

通りで誕生日も記念日からも少しずれていると、私は狸にでも化かされた気分でぼんやりただ流れる星に見入っていました。

そして極め付け。



彼はそっと私の前に小さなケースを差し出し、こう言ったのです。

「俺のプロポーズが実りますように。って願ったんだ。叶うかな?」

流れ星を背景に渡されるそのケースの中には本当に星にも負けないくらいキラキラした指輪でした。

私の気持ちはもう最高潮。こんなプロポーズで断れる女子なんていないんじゃないかと思いながらも私の涙も流星群でした。

今でもその時の恥ずかしそうな彼の顔は忘れられません。

多分星空より輝いていたと思います。

今はそんな彼、否旦那様と仲良く暮らしています。

今でもそんな彼のいきなりサプライズは続いています(笑)

流星群情報

――――――――――――――――

最高でした!

彼、いい仕事をしますね。

抜群の下準備とサプライズと気づかれないその対応。

絶対に失敗したくない本気のプロポーズですね。

相手を常に思って、あ、これ喜ぶかなと

そんなところからサプライズは生まれるものです。

女性は誰もが憧れるプロポーズ。

あなたもプロポーズだけは一度くらい頑張ってあげてくださいね。多分やらないとずっと言われますからww

ホテル・旅館の予約も
超高級な部屋をリザーブ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中